日本共産党,狛江市議団

住みよい狛江市をみなさんとご一緒に!

私たちの政策

  1. 子どもたちやお年寄り、障がい者、だれもが大切にされ住み続けられる福祉のまち・狛江をつくります。
  2. すべての市民の生存権や人権が守られ、憲法が生きるまち・狛江をつくります。
  3. 市民参加と協働を市政の基本とし、市民自治が花開くまち・狛江をつくります。
  4. 安倍内閣の暴走政治をストップ、草の根から、暮らしと平和を守る政治の実現に全力をあげます。

活動報告

議員の紹介

岡村 しん
岡村 しん
岩戸南在住、2期目。
1978年東京都生まれ。三小、二中を経て青山学院大学経済学部二部経済学科卒。
みなみうら生協診療所事務主任、北多摩中央医療生協労働組合委員長など歴任
2011年4月の市議選で初当選。
現在、社会常任委員、都市計画審議会委員。

電話:03−6751−2757
メール:okashin217@yahoo.co.jp

市議になる直前に、東日本大震災が起こりました。以来私は、市民の生命と財産、くらしを守っていくことが市議会議員としての初心となり、防災対策を進めていくことに力を入れてきました。また、若い世代・子育て世代の代表として、ひきこもり問題や就職難、過労死問題、保育園や学童の待機児対策などにも取り組んできました。

これからも誰もが将来に希望を持って暮らしていける社会を、狛江から実現していくために全力で頑張ります。



宮坂 良子
宮坂 良子
中和泉在住、3期目。
1950年新潟県生まれ。渋谷代官山郵便局に勤務。
新日本婦人の会中央委員、東京消費者団体連絡センター代表委員、狛江4小・3中PTA学級委員など歴任。
2007年市議選で初当選。
現在、社会常任委員会委員長。

電話:03−5497−2828
メール:miyasa@cream.plala.or.jp

「年金は下がり、介護保険料や消費税が上がって苦しい」「認可保育所を増やして」など、切実な声が寄せられています。

私は市議会に送りだしていただいて10年。「困っている人の声に少しでも応えたい」この思いで議会でも地域でも活動し、毎月1回「なんでも相談会」を開いてきました。安倍政権のくらしや憲法、平和を脅かす暴走政治から、憲法をくらしに活かし、市民生活を守り、安心してくらし続けられる狛江市政をめざし全力でがんばります。



西村 あつ子
西村 あつ子
中和泉在住、5期目。
1966年東京都世田谷区生まれ。狛江市立小中学校、都立高校卒。
電気会社・デザイン会社勤務をへて、1999年初当選。社会常任委員長、副議長など歴任。
現在、総務文教常任委員会副委員長。
多摩川衛生組合議会議員。

電話:03-3480-2780
メール:atsuko.n.0625@ray.ocn.ne.jp

みなさんに市議会に送って頂き、寄せていただいた要望を市政へ届けてきました。そして子育てを通して知り合った方々などと接し、たくさんの事に気づき、子育てしやすいまちにするための提案をしてきました。

私は狛江の小学校、中学校に通いずっと狛江に住んでいます。人口も増え街並みも大きく変わってきましたが、静かで環境の良い街です。小さな街だからこそできる事がたくさんあると思います。これからも子育て環境や教育環境の整備などを進めていきたいと思いますので、ご要望をお寄せ下さい。



田中 とも子
田中 とも子
西和泉在住、3期目。
1957年山形県生まれ。國學院大學文学部卒。
防災設備会社勤務をへて、97年に都議会議員当選(1期)。
2007年市議選で当選。総務文教副委員長、議会運営委員会副委員長、党市議団幹事長など歴任。
現在、副議長、建設常任委員、党市議団長。

電話:042-427-1183
メール:tomoko.tanaka@kbe.biglobe.ne.jp

私は、市政に送り出していただいて以来10年、市民の皆さんと力をあわせて、子育てや介護・高齢者支援、障がい者支援や街づくりなど、誰もがその人らしく、尊厳をもって生きられる社会をつくりたいと、頑張ってきました。今の社会はあらゆる世代が将来に不安を抱えています。

私は、多くの市民・団体の皆さんと力を合わせ、人間や平和を大事にしない政治を変え、誰もが安心して暮らせる狛江の実現のため頑張ります。



鈴木 えつお
鈴木 えつお
駒井町在住、9期目。
1950年埼玉県幸手市生まれ。春日部高校、電気通信大学卒。
1983年初当選。
副議長、市監査委員、予算特別委員長など歴任。
現在、総務文教常任委員、東京たま広域資源循環組合議会議員、党市議団幹事長。

電話:03-3488-8839
メール:eskm3185@docomo.ne.jp

私は、32歳で市議に当選して以来、市民の皆様に支えられ、9期32年、市民の願い実現にがんばってきました。いま貧困と格差が広がり、生活の困難を抱えている方が増えています。私は、社会保障を切り捨てる政治を転換し、また市民生活支援の施策を拡充して、だれもが大切にされ安心して暮らせる狛江を実現するため頑張ります。

そして平和はすべての土台です。安保法制を廃止し、憲法の平和原則が生かされる政治めざして頑張ります。

魅力いっぱい狛江市

魅力いっぱい狛江市

お問い合わせ

くらしや生活など、困ったときにはどんなことでもご相談ください

メールでのお問い合わせ 日本共産党狛江市議団控室
電話でのお問い合わせ 日本共産党狛江市議団控室
03-3430-1177
FAXでのお問い合わせ 日本共産党狛江市議団控室
03-3430-1177

事務所住所
〒201-8585 狛江市和泉本町1-1-5 狛江市役所3階 日本共産党狛江市議団控室
小田急線「狛江駅」より徒歩5分
▶地図はこちら

〒201-0004 狛江市岩戸北1-10-6甲武ビル103号 日本共産党狛江市委員会
▶地図はこちら

日本共産党本部
日本共産党東京都議団
豊かな狛江をつくる市民の会
いび匡利 公式サイト

Copyright © 2017 日本共産党狛江市議団 All Rights Reserved.